衝突被害軽減ブレーキ

衝突被害軽減ブレーキはサポカー補助金の対象

衝突被害軽減ブレーキは歩行者などをセンサーで感知して衝突前にブレーキがかかる自動ブレーキシステムです。

 

衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)は、サポカー補助金の対象にばります。
2020年度に満65歳以上となる運転者に補助金が出ます。

 

衝突被害軽減ブレーキ搭載車の乗り換える場合に重要なこと

  • サポカー補助金の対象の人は利用する
  • 車はディーラーなどの下取りでなく買取専門店で高く売る

 

 

衝突被害軽減ブレーキ

衝突被害軽減ブレーキのサポカー補助金

サポカー補助金の条件として下記のブレーキ機能が搭載している車もしくは後付けでつけることことです。

 

1.対歩行者衝突被害軽減ブレーキ機能
2.ペダル踏み間違い急発進等抑制装置機能

 

衝突被害軽減ブレーキには種類があり対車両ではサポカー補助金の対象外です。

 

衝突被害軽減ブレーキは対歩行者だけがサポカー補助金の対象です。

 

●ベーシック:低速衝突被害軽減ブレーキ(対車両)
●ベーシック+:衝突被害軽減ブレーキ(対車両)
●ワイド:衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)

 

ワイド:衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)は、サポカー補助金を受け取ることができます。

 

2020年度に満65歳以上となる運転者に補助金が出ます。

 

車を買い替えを検討している人は補助金がもらえる間に買い替えることをおすすめします。

 

車の乗り換え時には車の売却をするのですが、下取りに出すより買取専門店のほうが高く買い取られる可能性が極めて高いです。

 

車の乗り換えや売却の査定はネットで簡単にできます。

 

車の査定は1社では決して正確な価値(査定)は得られません。

 

必ず複数の会社から査定をもらうことをおすすめします。

 

 

複数の会社から査定見積もりがもらえる!しかもネットで1分で入力完了!

↓   ↓

 

 

車を売るときのポイント

車を売るときのポイントがいくつかありますので紹介します。

 

  • 査定の前に洗車をする
  • 消せる小傷は消しておく
  • 1社の査定額で決めない
  • 純正のオプション装備はアピールする
  • 確定されていない不具合は言わなくて良い

 

特に大切なのはお分かりだと思いますが、

 

1社で決めない! 必ず複数の査定をもらう

 

 

車を売るときはきれいに見せる

洗車をしようがしなくても車自体の状態は変わらないのでは?

 

と思うかもしれませんが、車を査定してもっらう時の印象はとても大事でそれにより査定額は実際に変わります。

 

人の目で見る車査定はきれいな車がポイントが高いのです。

 

小傷は消せるなら消す

汚れ同様小傷も消せる範囲で消した方が良いです。

 

コンパウンドで軽く磨いて取れるくらいレベルなら消したほうがいいです。

 

タッチアップも良いのですが変になってしまうと評価が落ちることにもなりかねないので無理は禁物です。

 

純正オプションはアピールする

純正のオプションは査定評価アップにつながります。

 

純正のアルミホイールやエアロパーツやシートやカーナビなど純正のオプションです。

 

昔は純正はパッとしないことが多く純正以外のものが人気がありましたが、今は純正がもっともかっこいいという声が多い。

 

車査定は1社で決めない

先ほども書きましたが車査定は1社で決めない!

 

複数の見積もりをもらうと高確率で1社で決めるより高く売れます。

 

先日の例!
4年落ちのスバルWRX S4 白 
衝突被害軽減ブレーキ
A社 170万
B社 170万
C社 180万
D社 190万
E社 165万

 

結局D社で売りました!
25万の差が出ました!

 

ズバットの車見積もり一括査定を利用

↓        ↓

page top