車庫照明

車の買い替えの時に必要な車庫証明

車の買い替えるときに必要な書類の代表的なものが車庫証明です。

 

車庫証明

 

車を購入したり譲り受けたりすると普通車なら車庫証明を取得しなければなりません。

 

車を今お乗りの車から乗り換える方や新たに車を所有する方は車庫証明が必要になります。

 

車庫証明とは

車庫証明とは、車の駐車スペースを確保している場所の証明です。

 

正式名称は自動車保管場所証明書といいます。

 

普通車を所有する時には基本的に必要で軽自動車は地域によっていらないところもあります。

 

車庫証明

 

車庫証明は自分で申請・取得できる

車庫証明は車屋さんで車を購入すると委任状を書けば代理でやってもらっているというのが多いでしょう。

 

車庫の情報だけを伝えておけば良いのです。

 

では、自分で申請・取得はできるものなのですか?

 

車庫証明の取得は自分でやってもそれほど難しいことではありません。

 

車庫証明は警察署の公式HPから申請書をダウンロードして印刷します。

 

必要事項を記入して管轄の警察署に提出すればOKです。

 

地域によっては365日24時間ネットから申請できるOSS申請というワンストップサービスがあります。

 

車庫証明の条件

  1. 自宅から2q以内
  2. 自動車全体が入るスペース
  3. 道路から支障なく出入りできる
  4. 保管場所として使用する権限がある

 

車の買い替えの時に大切な車の売却価格

車の買い替えを検討している方は新車で購入、中古車で購入とどちらかになることでしょう。

 

どちらを購入するにしても今お持ちの車を売るということになる人も多いかと思います。

 

車の買い替え時には車の売却をするのですが、下取りに出すより買取専門店のほうが高く買い取られる可能性が極めて高いです。

 

車の乗り換えや売却の査定はネットで簡単にできます。

 

車の査定は1社では決して正確な価値(査定)は得られません。

 

必ず複数の会社から査定をもらうことをおすすめします。

 

 

複数の会社から査定見積もりがもらえる!しかもネットで1分で入力完了!

↓   ↓

 

 

車を売るときのポイント

車を売るときのポイントがいくつかありますので紹介します。

 

  • 査定の前に洗車をする
  • 消せる小傷は消しておく
  • 1社の査定額で決めない
  • 純正のオプション装備はアピールする
  • 確定されていない不具合は言わなくて良い

 

特に大切なのはお分かりだと思いますが、

 

1社で決めない! 必ず複数の査定をもらう

 

 

車を売るときはきれいに見せる

洗車をしようがしなくても車自体の状態は変わらないのでは?

 

と思うかもしれませんが、車を査定してもっらう時の印象はとても大事でそれにより査定額は実際に変わります。

 

人の目で見る車査定はきれいな車がポイントが高いのです。

 

小傷は消せるなら消す

汚れ同様小傷も消せる範囲で消した方が良いです。

 

コンパウンドで軽く磨いて取れるくらいレベルなら消したほうがいいです。

 

タッチアップも良いのですが変になってしまうと評価が落ちることにもなりかねないので無理は禁物です。

 

純正オプションはアピールする

純正のオプションは査定評価アップにつながります。

 

純正のアルミホイールやエアロパーツやシートやカーナビなど純正のオプションです。

 

昔は純正はパッとしないことが多く純正以外のものが人気がありましたが、今は純正がもっともかっこいいという声が多い。

 

車査定は1社で決めない

先ほども書きましたが車査定は1社で決めない!

 

複数の見積もりをもらうと高確率で1社で決めるより高く売れます。

 

先日の例!
4年落ちのスバルWRX S4 白 
車庫証明
A社 170万
B社 170万
C社 180万
D社 190万
E社 165万

 

結局D社で売りました!
25万の差が出ました!

 

ズバットの車見積もり一括査定を利用

↓        ↓

 

 

 

 

page top